読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健診記録@愛育病院&こうざき産婦人科

2016年7月に3年の治療を経て、ファティリティクリニック東京を卒業しました。愛育病院(健診)、こうざき産婦人科(分娩)での記録を綴ります。

2017/2/13 40W5D こうざき産婦人科 健診10回目

妊娠11ヶ月

10:30 受付

10:30 採尿・体重・血圧測定
10:35 会計
 
体重: 妊娠前より+8kg、5日前と同じ体重
血圧: 111/75
むくみ: 無
尿蛋白: 無
尿血糖: 無
 
*エコー写真をお願いしなかった為、胎児の測定は無し
 
子宮頸管は少〜し短くなってきているが、特に他は変化なし。
予定通り、明日14時より入院手続き。
 
先生に、卵巣のう腫の手術はいつごろが良いか尋ねてみたところ、
「筋腫は出血が多くなる恐れがあるので今回は触らないが、嚢腫については位置や形状を見て取れそうであれば取る」との事でした。
 
卵巣のう腫については、手術をして取らないといけない大きさになっている為、帝王切開後に嚢腫の手術をするとなると時期を空けなければならず、次の妊娠を考えると時間が足りない・・と思っていたので出来れば取ってもらいたいと思う今日このごろです。
 
会計:3,500円 (こうざき計:53,430円)
 
 

2017/2/9 40W1D 粘液栓

妊娠11ヶ月

午前中トイレに行くと、黄色っぽい卵白のようなオリモノが出ていました。

 

今まで見たことないような物で、

「おりもの 黄色 臨月」などで検索してみたところ、どうやら

 

「粘液栓」というものが出てきた様子です。

 

一部抜粋

■どろっとした卵の白身のようなおりものが出たとき、子宮口は子宮頚管ともいい、

筒状になっていて妊娠中、子宮の中に細菌などの汚れが入らないようにゼリー状の
粘液栓がつまっています。出産が近づくと頚管が緩んできて硬い粘液栓が溶けて、
どろどろした卵の白身のような状態となり、出てきます。これも分娩の近いしるしです。

 

■妊娠中はバイキンが子宮の中に入らないよう、頚管の内側は水気のなくなった粘液で

ふさがれています。しかし、お産が近づいて頚管が短くなりはじめると、

その粘液がはずれます。これは、2~3センチぐらいのぬるっとした塊で、

少し血液が混じっていることが多く、日本ではおしるしといいます。
色は、透明であったり茶色やピンクっぽく、粘着質だったり、ゼリー状だったりし、

量も多かったり少なかったりします。

 

■しっかりと固く閉ざされていた子宮口 が、ある日急激にお産の準備を始めるタイプの

妊婦では、妊娠中に外界から子宮内へ の細菌、異物侵入からおなかの赤ちゃんを

守っていた役割を担っていた頚管粘液の栓 がスポンと外れます。

外れた粘液は一度にまとめて排出されるの で、卵白のような、ゼリーのようなとろりとした

おりものに、筋状の血液が混じった り、時にはとろりのおりもの全体が褐色、

またはピンク色になります

 

夕方にもう一度同じようなものが出ていました。

これでお産が進んでくれれば・・と少し思っています。

2017/2/8 40W0D こうざき産婦人科 健診9回目

妊娠11ヶ月

ついに予定日となりました。

 

09:45 受付
09:50 採尿・体重・血圧測定
10:10 診察
10:20 NST
10:50 診察
10:55 会計
 
体重: 妊娠前より+8kg、1週間前より+0.5kg
血圧: 102/63
むくみ: 無
尿蛋白: 無
尿血糖: 無
 
BPD(児頭大横径):   9.19cm(OOR)
AC(腹部周囲径    : 31.01cm(38W2D相当)
FL(大腿骨長)  :   6.89cm(38W5D相当)
EFW(体重)   :    2818g (37W6D相当)
*OORとは out of range の略だそうです。
 

・胎児は全く下がってきていない

・子宮口も硬い

・子宮口の硬さは8ヶ月目ぐらい

・胎児が下がらない理由は、高齢のため、産道や子宮口が柔らかくならず下がれないのが理由とかんがえられる

・今の状態では促進剤が効かないと思われる(リスクが大きい)

・妊娠42周目からは胎盤が退化する

・あと1週間陣痛を待って、来ないようであれば帝王切開がベスト

・胎児は健康で問題なし(NSTの結果)

 

との事でした。

この1週間は毎日2時間ぐらいスピードを上げたウォーキングをしていましたが、全く効いていなかったようです。

妊娠前・妊娠中もよく歩いていたので、2時間程度のウォーキングではお腹もあまり張ってきませんでした。

ただ、トコちゃんベルトや、さらしを外して過ごすと、腰が痛んだり、お腹が苦しく感じるのですが、これらはお産直前までしておいたほうが良いとの事なので、私の場合「陣痛が来ない原因」は「年齢」なのかもしれません。

 

これまで

・高齢

・筋腫(最大3.5センチ複数個)

・嚢腫(6センチ弱)

・高度治療

・流産経験

というハイリスクの中、ほぼノートラブルで来れたので、自然分娩まで望むのは高望みなのかなという気もしています。

 

次回は5日後の

40W5D 診察

40W6D 入院

41W0D 手術

の予定となりました。

 

会計: 6,600円(こうざき計:49,930円)

2017/2/1 39W0D こうざき産婦人科 健診8回目

妊娠10ヶ月
11:10 受付
11:10 採尿・体重・血圧測定
11:20 診察
11:30 会計
 
体重: 妊娠前より+7.5g、1週間前より-0.1kg
血圧: 105/57
むくみ: 無
尿蛋白: 無
尿血糖: 無
 
本日はエコー写真をお願いしなかったので、胎児の測定はありませんでした。
胎児は全く下がってきておらず、子宮口も硬い。
尿検査で胎児の健康状態を見る項目を追加したが問題はない。
陣痛が来るように1日3時間でも4時間でもとにかく動くようにと言われました。
 
次(1週間後)の診察は朝10時に来るようにと指示がありました。
NSTを行い、今後の予定を組み立てるそうです。
 
この1週間は毎日40−50分はウォーキングをし、以前より少しお腹が張るようになっていたので、少しは進んでいるかな?と思いましたがまだまだとの事。
帝王切開は出来れば避けたいので、もう少し頑張らないとと思いました。
 
 
会計: 4,470円(こうざき計: 43,330円)

2017/1/27 38W2D 美容室

妊娠10ヶ月

予定日までギリギリですが、美容室に行ってきました。

カット・カラーに加え、しばらく自分の身なりに時間をかけられないと思い、まつげパーマも久しぶりに行いました。

 

体調も安定しており、マイナートラブルも一切無いため、特に問題無く終える事ができました。

 

2ヶ月後の3月末には再び行けると良いなと思っています。

 

 

2017/1/25 38W0D こうざき産婦人科 健診7回目

妊娠10ヶ月
10:10 受付
10:10 採尿・体重・血圧測定
10:15 診察
10:23 会計
 
体重: 妊娠前より+7.6g、1週間前より+0.2kg
血圧: 111/66
むくみ: 無
尿蛋白: 無
尿血糖: 無
 
BPD(児頭大横径):   8.84cm(37W0D相当)
AC(腹部周囲径    : 31.42cm(38W6D相当)
FL(大腿骨長)  :   6.82cm(38W0D相当)
EFW(体重)   :    2659g (37W4D相当)
 
子宮口はもまだ閉じている。胎児はまだまだ降りてきていないとの事。
生産期に入っているので、毎日1時間でも2時間でも歩いてお腹を張らせるようにとの事でした。
あまり遅れるようであれば、さらに帝王切開の確率があがるとの事。
 
今日はエコー写真をお願いしましたが、今日も胎児は顔のあたりに腕を持ってきていて、4Dカラーエコーでも何がなんだかさっぱりわからず。。
 
最近左下の下腹部にぽっこりした部分があり、何かと聞いてみたところ、「筋腫」との事でした、、触った感じ5センチぐらいあるような感じがします。
 
次回は1週間後。
 
会計: 6,000円(こうざき計: 38,860円)

2017/1/18 37W0D おしるし or 内診出血?

妊娠10ヶ月

37週の診察の後、30分程ウォーキングをしながら自宅に戻りました。

その後トイレに行くと久しぶりに茶オリのような出血が!

 

正産期に入った為「おしるしが来た!?」と思い、色々調べて見たところ

 

おしるしが起こると1〜2日以内に陣痛が始まる事が多い

・が、陣痛まで1週間程かかる事もある

・内診で出血することもよくある⇒内診出血

・内診出血とおしるしは見分けがつきづらい

 

その後

37W0D 診察後に茶オリのような出血

37W1D 朝イチは出血なし。昼ごろに少し茶オリのような出血

37W2D 2回程色の薄い少量の出血

以後無し

 

という状態で、内診出血だったのかなという様子です。

 

気分的や予定的に予定日あたりを出産日と考えていたので、胎児ににはもう少し頑張ってもらいたいというのが本音です。